ウォーターサーバーを利用しようと言う人にとっては、様々なそれを比較しているなかで、聞き慣れない言葉に遭遇することも多いかもしれません。それらの言葉を理解し、きちんと比較しておくことは、経済的なウォーターサーバーを利用する上でも非常に大切なことです。その中でも特に大きいのが、ウォーターサーバーの要である水の宅配方式です。

これは主にはふたつの種類があり、それがワンウェイ方式とリターナブル方式です。

livedoorニュースサイトを見つけることができました。

ワンウェイは飲み終わったら自分で処理が必要な容器に入って水が届けられる方式で、リターナブルは空になった容器が業者によって回収され、再利用される方式です。

あなたが求めるウォーターサーバーの比較が最近こちらで話題になっています。

比較ポイントとしては、ワンウェイの場合は、ボトル容器であることが多いためサーバー自体コンパクトであり、スタイリッシュなデザインのものが多いと言う点が挙げられます。

また飲み終わった後は容器を自分で処理できるので、回収までの間、それを置いておくスペースが必要にならないと言うのも嬉しい点です。



ただし容器を処理する手間は発生してしまいますし、コスト面が高くなりがちなのはデメリットです。

対してリターナブル方式は、自分で容器を処理しなくても良いと言うのが大きなメリットです。


また回収された後は、きちんとした手続きを済ませた上で再利用されるので、地球にやさしいと言うのも良いことです。

しかしウォーターサーバー会社が回収に来るまでは、空容器を保管しておく必要があります。


タイミングが合わなければ、それがどんどんと溜まっていってしまう恐れもあります。


このようにそれぞれのメリット、デメリットを比較してみると、自分や家族に合ったものを選べます。